シャンプー(市販とサロン専売品…どう違うの?)

シャンプー(市販とサロン専売品…どう違うの?)

シャンプー(市販とサロン専売品)

みなさんが日々使うシャンプー。

 

毎日使うものだけにこだわりたいところ。というよりも、是非こだわっていただきたいところ。

 

ではどんなシャンプーを使えばいいのか。さっぱりですね?はい、わかります。

 

サロン専売品、いわゆるプロユースの商品も今やネット、お店で手軽に買える時代。

 

選択肢が広がるのは良いことなのですが、合うものを選ぶのは一苦労。

 

ということでここではざっくりとシャンプーの特徴をご紹介します。

 

市販VSサロン専売品

 

どう違うの?どっちがいいの?という声をよく耳にします。

 

それぞれメリット、デメリットがありますが、「髪」にとってどちらがいいのか?

 

サロンのシャンプーの魅力はやっぱり「成分」。

 

質の良い成分を入れることで髪や頭皮のコンディションを整えます。

 

しかし多少高価で購入場所も限られるのが難点。

 

逆に市販のメリットは「価格」。安い価格で手軽に買えるのは一番の魅力だと思います。

 

しかし価格が安いという事は、安い成分しか使えない=良い成分が使えない。

 

特に市販のシャンプーに使われている界面活性剤(起泡作用、洗浄作用のある成分)の多くは、

 

中性洗剤に使われているものと同じ。

 

想像してみてください。食器用洗剤でシャンプーされている髪、頭皮を。

 

洗浄力が必要以上に強いため、髪や頭皮にかなりの負担をかけます。洗えば洗うほどバッサバサに。

 

ですがそんな自覚はないと思います。なぜか。

 

ここで登場するのが今旬の『シリコン』。

 

シリコンは髪に膜をはり手触りをさらさらつやつやにしてくれる効果があります。

 

だから本来はバサバサになっているはずの髪もさらさらの指通りになるんですね。

 

あれ?なんだシリコンっていいやつじゃん!! 

 

ノンシリコンシャンプーっていったい!?

 

そう、シリコンは本来必要な成分。ならなぜ『ノンシリコンシャンプー』が生まれたのか。

 

先ほども言いましたが、市販のシャンプーの成分は良いものとは言えません。

 

それはシリコンも同じこと。

 

そのようなシリコンは髪や頭皮に残留し、カラーが染まりにくくなったり、

 

ベタつきや頭皮が荒れるなどのトラブルにつながります。

 

そのような粗悪なシリコンを取り除いたのがノンシリコン。

 

つまりノンシリコンのウリは「安全性」ですね。

 

このプレミアムブラックシャンプーも成分にはこだわりをもっていることで知られていますね。

 

このことからパサつき、引っ掛かり、ダメージなど、髪にトラブルを抱えている人が使うと

 

「ノンシリコンって流行ってるけど全然良さがわからない!」となるわけです。

 

そんな人はやはり良質なシリコンの入ったサロン用のシャンプーを使ったほうがいいと思います。

 

とは言え、市販のものが必ずしもダメと言うわけではありません。

 

人それぞれ重視したいポイントが違うわけで(たとえば価格、香り、安全性、成分など!)

 

中には市販のほうが良いと言う方もいます。

 

それぞれ特徴を理解した上で合ったものを選べるといいですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ